4(2)再発防止命令

(2) 再発防止命令
  ア 再発防止命令の意義
    公安委員会は,指定暴力団員等が暴力的要求行為等をした場合において,当該暴力
   団員が更に反復して類似の暴力的要求行為等をするおそれがあると認めるときは,当該指
   定暴力団員等から意見を聴取した上で(第34条),当該指定暴力団員等に対し,1年を
   超えない範囲内で期間を定めて,暴力的要求行為が行われることを防止するためなどに必
   要な事項を命じるという再発防止命令を発出することができます。
    再発防止命令は,以下の場合に発出することができます。
  (ア) 暴力的要求行為(第9条各号,第11条2項)
  (イ) 暴力的要求行為の要求等(第10条1項,第12条1項)
  (ウ) 指定暴力団等の業務に関し行われる暴力的要求行為(第12条の2)
  (エ) 準暴力的要求行為の要求等(第12条の3,第12条の4第1項)
  (オ) 準暴力的要求行為(第12条の5,第12条の6第2項)
  (カ) 少年に対する加入強要・脱退妨害(第16条1項,第18条2項)
  (キ) 威迫による加入強要・脱退妨害(第16条2項,第18条2項)
  (ク) 密接関係者に対する加入強要・脱退妨害(第16条3項,第18条2項)
  (ケ) 加入の強要の命令等(第17条,第19条)
  (コ) 指詰めの強要等(第20条,第22条2項)
  (サ) 指詰めの強要の命令等(第21条,第23条)
  (シ) 少年に対する入れ墨の強要等(第24条,第26条2項)
  (ス) 少年に対する入れ墨の強要の要求等(第25条,第27条)
  (セ) 用心棒の役務提供等(第30条の6第1項,第30条の7第3項)
  (ソ) 用心棒行為等の要求等(第30条の6第2項,第30条の7第4項)
  (タ) 特定危険指定暴力団等の指定暴力団員の禁止行為(第30条の9,第30条の10
    第2項)
  イ 再発防止命令の効果
    暴対法第9条各号所定の暴力的要求行為に対する再発防止命令(第11条2項)に違
   反した者は,3年以下の懲役若しくは500万円以下の罰金に処し,又はこれを併科すると
   定められています(第46条1号)。
    暴力的要求行為以外に対する再発防止命令のうち,用心棒の役務提供等(第30条の
   7第3項)及び用心棒行為等の要求等(第30条の7第4項)を除くもの(第12条1項,第
   12条の2,第12条の4第1項,第12条の6第2項,第18条2項,第19条,第22条2
   項,第23条,第26条2項,第27条,第30条の7第3項,第30条の7第4項,第30条
   の10第2項)に違反した者は,3年以下の懲役若しくは250万円以下の罰金に処し,又
   はこれを併科すると定められています(第47条1号ないし4号・6号ないし11号・16号)。
    用心棒の役務提供等についての再発防止命令(第30条の7第3項)に違反した者は,
   1年以下の懲役若しくは100万円以下の罰金に処し,又はこれを併科すると定められてい
   ます(第48条)。
    用心棒行為等の要求等についての再発防止命令(第30条の7第4項)に違反した者
   は,6月以下の懲役又は50万円以下の罰金に処すると定められています(第50条1号)。





報酬規定についてはこちら



法律相談はこちら

法律相談のご予約はこちら 多重債務に関する相談無料

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ WEBでのお問い合わせ
spacerbar
携帯電話からでもご覧になれます
spacerbar
spacerbar

《主な業務対応エリア》MAP

川崎,横浜,神奈川県全域,東京都,千葉県,埼玉県,茨城県,静岡県他

■路線:JR東海道線,京浜東北線,南武線,京浜急行線全線

spacerbar
相続専門サイト 企業法務サイト
Globalsign SSL Site Seal
ページの先頭へ戻る