4(8)指定暴力団の代表者等の損害賠償責任の追及

 暴対法には,指定暴力団の代表者等の損害賠償責任を追及できる2つの規定(対立抗争等に係る損害賠償責任,威力利用資金獲得行為に係る損害賠償責任)が設けられています。
 ア 対立抗争等に係る損害賠償責任(暴対法第31条)
   対立抗争等に係る損害賠償責任追及の要件は,以下のとおりです。
 (ア) 指定暴力団相互間又は一の指定暴力団内部の集団相互間に対立が生じたこと
 (イ) 当該対立に伴い指定暴力団の指定暴力団員による凶器を使用した暴力行為が行われ
   たこと
 (ウ) 当該暴力行為により他人の生命、身体又は財産が侵害されたこと
 イ 威力利用資金獲得行為に係る損害賠償責任(暴対法第31条の2)
   威力利用資金獲得行為に係る損害賠償責任追及の要件は,以下のとおりです(島村英・
  工藤陽代・松下和彦「『暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正
  する法律』について」〔警察學論集第61巻第9号〕57頁)。
 (ア) 請求の相手方が代表者等である指定暴力団の指定暴力団員によって当該不法行為が
   行われたものであること
 (イ) 当該不法行為が威力利用資金獲得行為(当該指定暴力団の威力を利用して生計の
   維持、財産の形成若しくは事業の遂行のための資金を得、又は当該資金を得るために必
   要な地位を得る行為)を行うについて行われたものであること
 (ウ) 当該損害が当該不法行為により生じたものであること
   なお,指定暴力団の代表者等が以下の事由を立証した場合には,当該代表者等は損害
  賠償責任を免れることとなっています(暴対法第31条の2第1号・第2号)。
   一 当該代表者等が当該代表者等以外の当該指定暴力団の指定暴力団員が行う威力
    利用資金獲得行為により直接又は間接にその生計の維持、財産の形成若しくは事業の
    遂行のための資金を得,又は当該資金を得るために必要な地位を得ることがないとき。
   二 当該威力利用資金獲得行為が、当該指定暴力団の指定暴力団員以外の者が専ら
    自己の利益を図る目的で当該指定暴力団員に対し強要したことによって行われたもので
    あり,かつ,当該威力利用資金獲得行為が行われたことにつき当該代表者等に過失がな
    いとき。
   もっとも,「指定暴力団の現状を前提とすると,代表者等において第1号又は第2号に規定
  する事由のいずれを立証することも極めて困難であると考えられる」(前掲「『暴力団員による
  不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律』について」58頁)ことから,前記3
  要件を立証することができれば威力利用資金獲得行為に係る損害賠償責任を追及すること
  ができると考えて差し支えありません。





報酬規定についてはこちら



法律相談はこちら

法律相談のご予約はこちら 多重債務に関する相談無料

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ WEBでのお問い合わせ
spacerbar
携帯電話からでもご覧になれます
spacerbar
spacerbar

《主な業務対応エリア》MAP

川崎,横浜,神奈川県全域,東京都,千葉県,埼玉県,茨城県,静岡県他

■路線:JR東海道線,京浜東北線,南武線,京浜急行線全線

spacerbar
相続専門サイト 企業法務サイト
Globalsign SSL Site Seal
ページの先頭へ戻る