2 相続・遺言の問題の相談をする際に持参していただきたい資料

spacer_line

2 相続・遺言の問題の相談をする際に持参していただきたい資料

弁護士に相続・遺言の問題について相談する際に持参していただきたい資料は以下の(1)~(4)のとおりです。


(1) 戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)等,被相続人から相続人までの戸籍謄本等一式

相続人の確定のために必要となるもので,一部でも取得されている場合にはご持参下さい。


(2) ご依頼者様,相手方の住民票(戸籍の附票*1)

取得されている場合にはご持参下さい。


(3) 被相続人の財産状況のわかる資料

被相続人の遺産の概要がわかる資料が必要となります。
 そこで,被相続人の資産(土地・建物の全部事項証明書(登記簿謄本),預貯金通帳,保険証券,株式についての資料など)や負債(住宅ローンの残債務額がわかる資料など)をできる限りご持参下さい。

(4) 相手方に提出済の書面,相手方から提出されている書面など

相続・遺言の問題において,ある程度話合いが進んでいるような場合で相手方に対して書面を提出しているときや相手方から書面が提出されているときには,それらの書面をご持参ください。



*1 「戸籍の附票

「戸籍の附票」は,その戸籍が作られた時点からの,その人の住所の移動を記録したもので,住民票の代わりになります。
 本籍のある市区町村で保管されているため,本籍地の役所でしか交付してもらえません。

報酬規定についてはこちら

法律相談はこちら

法律相談のご予約はこちら 多重債務に関する相談無料

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ WEBでのお問い合わせ
spacerbar
携帯電話からでもご覧になれます
spacerbar
spacerbar

《主な業務対応エリア》MAP

川崎,横浜,神奈川県全域,東京都,千葉県,埼玉県,茨城県,静岡県他

■路線:JR東海道線,京浜東北線,南武線,京浜急行線全線

spacerbar
Globalsign SSL Site Seal
ページの先頭へ戻る